3/17ソワレ Yumiko&Yumiko Classic Concert Vol.4

ジャンルを超えたフルートの演奏活動をしているフルーティストYumikoさんのクラシックコンサート。

それでも、クラシック楽器としてのフルート演奏も大切、、、との思いから企画しているシリーズです。

ピアノの惠村友美子さんもクラシックを主体としながらも、さまざまなジャンルの演奏もしていて、しかも名前もYumiko、そして同郷という、ナイスコンビなデュオです。

この企画では、クラシックだけというわけではなく、発表会を控えた生徒さんのプログラムも模範演奏するという縛りもできていて、それなりにプレッシャーがかかっているそうですが、昨年はここで演奏したにも関わらず、生徒さんが曲を変更してしまったという切ないオチが、、、笑

前半はカッチーニのアヴェマリアやドビュッシーの「夢」、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲第一楽章の抜粋版などを演奏、繊細な表現や音のダイナミズムに気持ちをのせている演奏が聴き手にひしひしと伝わる演奏です。

それぞれに曲想の違うプログラムを難なく弾ききってしまう惠村さん。

後半のボランで見せるリズム感と情緒感は惠村さんならではの演奏です。

後半は、フランスのジャズピアニスト、クロード・ボリンがフルートとピアノトリオのために書いた異色の作品から「バロック アンド ブルー」や「センチメンタル」、そしてシャミナードの「コンツェルティーノ」など。

ボリンの対照的な2曲は、Yumikoさんのスタイルにとても合っているように聴けました。いつか、ダブルYumikoにベース、パーカッションを加えてボリンプログラムを聴いてみたいです。

「コンツェルティーノ」は華やかな技巧が凝縮されたような曲で、インスト演奏ではなかなか聴けないYumikoさんの技巧を楽しませてもらいました。

また次回が今から楽しみです。笑

お二人のカデンツァでの演奏予定がございます。


惠村友美子さんは、

4/14(土)19時から、レギュラーユニット「いちごに」でのライブです。

こちらも素敵なヴァイオリニスト佐藤恵梨奈さんとのデュオ。

クラシックからオリジナルまで何でもアリのデュオです。

Yumikoさんは、5月27日(日)13時から

ピュアニスト石原可奈子さん主宰のトリオ「天音-amane-」でのご出演です。

素敵なオリジナル作品でのライブです。

ご予約お待ちしております!