5/16 うるまけんた、たじりたいき、つりかわありす トリオコンサート

5/16の夜は2本のトランペットとピアノのトリオコンサート。

ヴァイオリン&ピアノデュオ《ぴろあり》での出演でいつもお世話になっているピアニストの釣川有紗さん、熊本復興支援コンサート《YELL(エール)》の主宰でご出演依頼のトランペッター田尻大喜さん、初めましてトランペッター閏間健太さんのトリオ。


クラシックからオリジナル作品まで、そして各メンバーのソロやデュオ、トリオなどなどの編成で、さまざまな演奏を楽しめました。

左から 釣川さん、閏間さん、田尻さん

田尻さんのカミングアウト的な話も飛び出す。。。笑

MC等から受けるキャラクターの印象とはうらはら?な、心に響くオリジナル作品を次々披露する田尻さん。

クラシックの世界で活躍中の閏間さんは、ヘンデルの調子の良い鍛冶屋で素晴らしい音とテクニックを披露。


ヤマハホールでのリサイタル(5/18)を控えていた釣川さんは、当日のプログラムから、ショパンの英雄ポロネーズを。

アクセントや全体の表情付けなど、オリジナリティのある素敵な聴かせてくれました。

トリオでは、ヴィヴァルディといったバロック期の音楽やニューシネマなどの映画音楽、そしてピアソラ等々を素晴らしいハーモニーで。

アンコールは田尻さんが地元熊本の復興を願って作曲した「YELL」で幕を閉じました。


こちらのトリオは、今回で2回目の演奏だそうで、今後も続けていきたいとの事。

これからの3人の益々のご活躍とトリオでの演奏を期待しています。♪