5/19 フルートデュオでバロック~近現代まで。

5/19のソワレはフルートデュオコンサート。

~巡りゆく時代~と題し、バロック期から近現代までを音楽でたどるコンサート。

フルートデュオ macaronさんのコンサートです。

macaronは青木優子さん、清水那弥さんのデュオで、カデンツァでは3月以来のご出演。

ピアノは前回と同じく杉本帆波さん。

そして今回はもう一人、木津萌香さんが演奏されました。


プログラムです。↓

時代まんべんなく・・・・

あれ?バロック期が無い?

種明かしをしてしまうと、アンコールでバッハの「主よ人の望みの喜びよ」を演奏したのでした。

清水さん、青木さん、それぞれが演奏したドゥビエンヌとライネッケのフルート協奏曲を含め、モーツァルトからショッカーまで、それぞれの時代を彩ったフルート作品の数々を愉しませてもらいました。

前回もそうでしたが、マカロンというネーミングとは裏腹に、ゴリゴリのクラシック音楽を楽しませてくれるmacaronさん、音楽の時代を音楽で網羅するプログラムは新鮮で、フルートという楽器が時代の変遷でどのように演奏されてきたのかも垣間見ることができたと思います。

さて、次回のmacaronさんのコンサートはすでにスケジュールが決まっております!

9/15(土)19時開演です。

次回は音楽で世界を旅するプログラムを予定されているとか、、、こちらも乞うご期待ですね。