6/9 Duo Epiphany カデンツァLIVE vol.7

ヴァイオリン星野沙織さん、ピアノ林朝美さん。

さまざまな音楽活動の場で、それぞれに多忙な活躍をしているお二人のユニット。

カデンツァでのLIVEは、もう7回目になるのですね。

Epiphanyさんのライブは、ヴァイオリンソナタ等聴き応えのあるクラシック音楽をメインに、お客様からのリクエストにも応えてプログラムを構成するというお客様満足度の高いライブになっています。

プログラムは、この時期に合わせ雨にちなんだ曲が多くなりました。

衣装も水色を基調にした素敵なドレスで。。。

・愛の挨拶/エルガー

・ラ・カリファ/E.モリコーネ

・オーバーザレインボー

・I like Chopin

・エナジーフロー

・亡き王女のためのパヴァーヌ/ラヴェル

・水の戯れ/ラヴェル(ピアノソロ)

・ヴァイオリンソナタ第1番「雨の歌」/ブラームス

雨にちなんだ曲、ポピュラーは、しっとりと・・・・

そしてクラシックはお二人の本領。

今回は林さんのピアノソロも。「水の戯れ」は絶え間なく煌めくような水の粒子がイメージされる美しい演奏。

Duo Epiphanyとして初めての演奏というソナタ「雨の歌」。ブラームスがクララ・シューマンに想いをよせて作曲したという曲は、聴き手もブラームスの想いを共感できるような優しさ、温かさを感じる演奏でした。

曲間のMC、お二人の微妙な世代間ギャップが垣間見えたり、大学院時代の暴露話しが出たりで相変わらず楽しい。

今回も、Duo Epiphanyならではの、素敵なライブ空間を創っていただきました。

ありがとうございました。


次回のDuo Epiphanyさんは、8月26日(日)14時~

「林 朝美×星野沙織 バースデーライブ」です。

ご予約は限定30名様となりますので、お早目のご予約をお薦め致します。

ご予約はコチラから。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/013wexzgwkig.html