8/20(月) 中澤さんの《季節の音色》夏。

ヴァイオリニスト中澤万紀子さんにカデンツァで四季折々に開催していただいている《季節の音色》シリーズ。

4シーズン目に入っております。

今回は夏。

サブタイトルは「九夏三伏(きゅうかさんぷく)」。

夏の最も暑い時期のことをいうそうです。

たしかに、このところ暑さがぶりかえしてます。笑


中澤さんは、《和ライブ》シリーズも開催していただいてそちらは、ジャズ、ポップス、オリジナルなど、クラシックヴァイオリニスト中澤さんの新境地を楽しむライブ。

《季節の音色》シリーズはクラシック楽曲をメインに中澤さんのメインストリームの演奏を楽しむライブと、色分けがされています。


相方ピアニストは、金山千春さん。

色彩感、ダイミズム豊かな演奏で中澤さんを盛り立てます。

プログラム

・愛の挨拶/エルガー

・無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番より「シャコンヌ」/J.S.バッハ

・ヴァイオリン協奏曲第一楽章/チャイコフスキー

・無伴奏チェロ組曲第1番/J.S.バッハ(ヴィオラ独奏)

・白鳥/サン=サーンス(ヴィオラ)

・イパネマの娘

・タンゴ~ポルウナカベサ

・デスペラード

・スペイン

アンコール

・妖精の踊り/バッチーニ

前半はシャコンヌからチャイコンと、ヴァイオリン好きにはたまらないプログラムでお客様を魅了♪ チャイコンでは金山さんの迫力あるピアノオーケストラが聴けました。

中澤さんのヴィオラは通常よりも大きく、小顔効果にイイそうです。笑

もともと小顔だから、さらにちっちゃく見えますね。

ヴィオラの無伴奏チェロ組曲も聴き応えありました。

これからもコンサートでは積極的にヴィオラを弾いていきたいとの事でしたので、またの機会もありそうです。

アンコールはヴァイオリンの高度な技巧を駆使した「妖精の踊り」。

さすがのテクニックで締めくくり、お客様の喝采を浴びて終演となりました。

学生時代から、高嶋ちさ子主宰12人のヴァイオリニストでいろいろ鍛えられた(笑)中澤さんのパフォーマンス。

聴き応えのある素晴らしいコンサートでした♪


次回の中澤さんの出演情報

10月12日(金)19時30分~「和ライブ」。

vn中澤万紀子、gt渡辺具義、bs藤谷一郎、pf古垣未来

凄腕メンバーのアンサンブル&即興パフォーマンスにご期待下さい!