3/25 ヴァイオリン&ソプラノ Joint Concert。

桜も咲き始めた日曜日のお昼のコンサートは、、、

ヴァイオリンとソプラノ、そしてピアノのコンサート、東京音大の同期生のコンサートです。お客様にはカデンツァで演奏していただいたことのあるお顔もチラホラ。。。


ヴァイオリンはカデンツァお久しぶりの安藤美陽さん、ソプラノ杉山仁美さん、ピアノ江上実里さんです。

~愛と感謝~というサブタイトルがついたコンサート。

プログラム

・春の声/J.シュトラウス

・すてきな春に/峯陽

・愛の挨拶/エルガー

・オペラ「ジャンニ・スキッキ」~私のお父さん/プッチーニ

・「懐かしい土地の思い出」~メロディ/チャイコフスキー

・星とたんぽぽ/金子みすゞ

・瀬戸の花嫁

・「9つのドイツアリア」/ヘンデル

歌え、魂よ、神を讃えて・私の魂は目で見て聴く

・「ミルテの花」~献呈/シューマン

・「4つのロマンティックな小品」/ドヴォルザーク

カヴァティーナ、奇想曲、ロマンス

・おかあさん/江間章子

・愛の夢/リスト

・チャルダーシュ/モンティ

ヴァイオリン&ソプラノのジョイントコンサート、、、というタイトルの通り、安藤さんと杉山さんが交互に登場し、それぞれの想いをヴァイオリン、歌にのせて、素敵な演奏を聴かせて下さいました。

ピアノの江上さんが、すべての伴奏でしっかりソリストをサポート。

ヘンデルの「9つのドイツアリア」では素晴らしいアンサンブルで、心が洗われるような清々しい演奏を愉しめました。

ヴァイオリンとソプラノのさまざまな名曲を楽しめたジョイントコンサート、ありがとうございました♪