9/29(土)マチネ 《愛の夢》声楽リサイタル

9/29(土)はカデンツァはじめましてのお二人。

ソプラノ山口愛さん、ピアノ三品萌莉絵さん

による声楽リサイタルでした。

山口愛さんの声楽リサイタルでタイトルが~愛の夢~。

とてもいい感じです。

山口さんは、日ごろの演奏活動の中、せっかくお客様に来ていただいても5分くらいの出番で申し訳なく思っていたところ、三品さんから「一緒にどう?」と声がかかり、今回のリサイタルにつながったそう。

三品さんは、カデンツァでお世話になっているピアニストさんからの紹介でカデンツァを知っていただいたということで、人の"縁"とは、なんとありがたいことでしょう。

(ノД`)・゜・。

プログラムは、バロック時代からスペイン歌曲、イタリア古典歌曲、ドイツ歌曲まで、声楽の魅力をたっぷりと楽しめるものでした。

山口さんは、温かく澄んだ歌声で、聴き手を心地よくリラックスさせてくれるソプラノさん。さまざまな時代、言語、作曲家の歌曲を見事に歌いわけ楽しませてくれました。

三品さんは、独奏はトゥリーナの歌曲の第一曲目の「捧げもの」のみでしたが、こちらもヘンデルのオペラからリストの歌曲まで、そしてMCではR.シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」のあの冒頭を迫力ある演奏で紹介するなど、演奏会を盛り上げてくれました。

演奏会を企画したものの、恥ずかしくてなかなか宣伝できなかった(笑)、という山口さんでしたが、たくさんのお客様にお越しいただき素敵な歌声を披露することができましたね。

お二人のご活躍とカデンツァでの再演も期待しています。